BLOG

江別 大麻 いながき接骨院 野球肘

2018/10/04
ロゴ

江別 大麻 いながき接骨院です。

今回は野球肘についてお話します。

投球による肘の障害で上腕内側上顆炎を野球肘と言われてますが、

ゴルフやテニスなどのスポーツでも発生する肘の疼痛性運動障害です。

10代の成長期に過剰な投球動作などにより発生する野球肘はリトルリーガ肘(内側型野球肘)ともいわれる。

内側型

内側上顆、前腕回内屈筋群、内側側副靭帯、尺骨神経が損傷が多い部位

発生する主な原因

内側型の大部分がコッキング期(後期)から加速期にかけて肘にかかる強い外反力に対し、前腕回内屈筋群が強く収縮し、内側側副靭帯により強い外反伸張力のストレスが肘内側にかかり発生する。

症状

内側部に痛み、腫脹、圧痛、軽度の肘伸展障害、投球時に痛みがあり

内側上顆裂離骨折、前腕回内屈筋群、内側側副靭帯損傷やその引っ張りによる裂離骨折が考えられる。

外側型

外側方は少ないですが、コッキング期から加速期にかけて肘に強い外反力がかかり、上腕骨小頭と橈骨頭間に過度な圧迫がかかり発生する。

症状

強い圧迫力が加えられた結果、上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎(成長期主に中学生)を発生する。初期では投球時に外側部に痛みはないが、

関節遊離体(関節鼠)を生じ、関節内にロックすると突然痛みが出る

将来的に、変形性関節症にいたることもある。

小学生 中学生 高校生が野球肘で来院されることが多いですが、

練習前、後のケアをしてない子が多いです。来院された人たちには

ストレッチの指導やケアの仕方を教えています。

もしわからないことがあれば 電話や来院でのご相談も受け付けてます。

次回は肘の関係でテニス肘についてお話します。

 

ロゴ