BLOG

江別 大麻 いながき接骨院 枕 高さ

2018/10/10
ロゴ

江別 大麻 いながき接骨院です。

今回は枕の高さについてお話しますが、あくまでも今までの患者さんを

見てきたの判断なので、今回の枕の高さは必ずしも正解だとは考えないでください。数ある中の一つの原因だと思ってください。

寝違えで首が痛い、頭痛する、朝起きてた時、首回りや肩周りが張っているとかよく聞きます。その一つの原因として枕の高さがあります。仰向けで寝るときと、横向けで寝た時の首の高さはこぶし一つ分の高さが違います。仰向けで寝るときは首をなるべく支える枕が理想的です。仰向けで寝る場合首を支えていないと首の筋肉が休まらない状態でいると朝起きた時に首回りが筋緊張になって首が痛いことがあると思います。仰向けで寝る場合はちゃんと首を支える枕を使った方がやすまります。

次に横向けの状態での枕の高さですが、これも原因のお一つとして話しますが、枕が高すぎるとか低すぎるとかで 首、肩周りの筋肉が張ってしまいます。例としては 左肩を下にして横向きで寝ます。その時に自分の枕を使って見てください。首が上がっていたり、下がっていたりしてないでしょうか?もしその状態なら筋肉が休まっていない可能性があります。左の方の筋肉が収縮していて反対の筋肉は伸びている状態になります。これだといい睡眠がとれないかもしれません。

自分の考えだと首の骨から背骨に向かって真っすぐになっているのが理想だと思っています。自分も枕の高さを調節しています。結構、寝違えが昔多い方でしたが 枕調整をすると寝違えが減少しました。

たかが枕ですが一日に何時間も寝るので重要なアイテムだと思いますので自分にあった枕など作ってみてはどうですか?

あくまでもこれは寝違え、頭痛、肩周りの痛みの原因の一つなので絶対にこれだということはないので 

ロゴ